読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お買い物リスト

チラシの裏の戯言

2月買うもの

2月の新刊

『火ノ丸相撲 8』川田

火ノ丸相撲 8 (ジャンプコミックス)

火ノ丸相撲 8 (ジャンプコミックス)

 

 石高戦の密度の高さ。単行本の売り上げがそこまで良くないらしいけど、今のジャンプでトップクラスに熱い漫画だし、もう少し売れてもいいんじゃないかなとは思う。確かにジャンプで読めばいいやって感じの漫画と言えば否定はできないんだけど。

 

僕のヒーローアカデミア 7』 堀越耕平

僕のヒーローアカデミア 7 (ジャンプコミックス)

僕のヒーローアカデミア 7 (ジャンプコミックス)

 

 収録されているのは期末試験編だっけ?クソを下水で煮込んだ性格の爆豪少年だけどなんか嫌いになれない。

 

『背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~ 3』 横田卓馬

 最初の方は「競技ダンスものだったらボールルームがあるし勝ち目ないのでは?」とか思ってたけど、狙っているところが全然違った。これは競技ダンスというスポーツを描く漫画というではなく、"競技ダンス部"という部活の漫画なんだと気づかされた時には完全にこの漫画の虜になっていた。これからも等身大の成長を続けていくつっちーとわたりちゃんを少し遠くから眺めていきたい。

 

...なんか別記事としてこの漫画について書きたくなってきたから今度書こう。

 

『はねバド! 7』 濱田浩輔

はねバド!(7) (アフタヌーンKC)

はねバド!(7) (アフタヌーンKC)

 

 少し前のジャンプ読者だったら、パジャマの人とかどがしかでんの人と言えば伝わるであろう作者。パジャマの最後の方の展開はジャンプらしくなくて良かった。それはさておき、このはねバドという漫画、4巻くらいから急に覚醒したと思うのは自分だけではないはず。1巻で切った人が今のはねバドを読むと、本当に同じマンガかと疑いたくなるレベルで変わった。今の状態を見ると、ジャンプ離れて正解だったなと思う。

 

『少年ラケット 3』 掛丸翔

少年ラケット(3)(少年チャンピオン・コミックス)

少年ラケット(3)(少年チャンピオン・コミックス)

 

 THE 少年漫画。毎週のチャンピオンの楽しみ。どの層とは言わないが、アニメ化とかしたらあのあたりの層が食いつきそう。

 

七つの大罪 19』 鈴木央

七つの大罪(19) (講談社コミックス)

七つの大罪(19) (講談社コミックス)

 

 ライパクとかウルトラレッドの頃から鈴木央を知ってる身としては、今のマガジンの看板漫画となっている七つの大罪を見ると眼頭が熱くなる。そうか、もう19巻なのか。

 

銀河英雄伝説 1』 藤崎竜田中芳樹

 フジリュー銀英伝。単行本でまとめて読みたいという理由からYJではスルーしている。原作とフジリューの化学反応に期待。

 

『ディザインズ 1』 五十嵐大介

ディザインズ(1) (アフタヌーンKC)

ディザインズ(1) (アフタヌーンKC)

 

 五十嵐大介待望の新作。これが載っている月と載ってない月ではアフタヌーンの密度と厚さが違う。アフタヌーンではこういうハードSFを読みたい。

 

『波よ聞いてくれ 2』 沙村広明

波よ聞いてくれ(2) (アフタヌーンKC)

波よ聞いてくれ(2) (アフタヌーンKC)

 

 沙村広明によるコメディ作品の第2巻。この作者の独特な言葉回しとテンポの良さが魅力。

 

並べてみるとジャンプ系統ばかりになってるあたり、最近アンテナ張ってないなと実感する。新しいものを発掘していかねば。